別れの儀式にはどんなものがあるでしょうか。まず死者と別れるお葬式、学校と別れる卒業式などが代表的なものではないでしょうか.でもここへきて別れのための新たな式が生まれてきています。それは結婚した男と女が別れる「離婚式」と呼ばれるものです。この離婚式が生まれたのは1990年代になってからですから、その歴史はまだ20年にも及びません。でもこのところ徐々に数が増えていると言います。もちろん離婚式があるのは日本だけでなく、欧米や中国でも日本より以前から行われています。

離婚式はこんな手順で行われる

離婚式をわが国で最初にプロジュースした離婚プランナーによりますと、離婚式の基本的な流れは次のようになっていると言われています。<離婚式の流れ>①カップルが離婚に至った原因を司会者が参列者に説明する、②離婚カップルから一言づつの挨拶。③友人代表の挨拶。これにはなるべく離婚経験者があたる。④最後の共同作業。ここではカップルが共同でハンマーを使って結婚指輪を叩き割る。⑤参加者全員で会食。

離婚式の意義とはとは何なのか、またそのメリットは

<離婚式の意義とメリット>①しっかりけじめをつけてカップルがよい形で再スタートできる。②離婚原因を公の場で発表することにより、周囲の憶測や誤解が生まれにくくなる。③離婚するとお互いの友人たちと疎遠になりがちだが、離婚式に集まることによって、そうなることをことを未然に防ぐ効果が生まれる。

PAGETOP